EFOはどんなシステム?

良いシステムは、それを用いる、導入することによって、より会社の利益に貢献するものとなります。そうでなければ、それを、コストを掛けて導入する必要性はありません。本来そういった目的で用いられるものですから、積極的に摂りいれてきたいとは思いますが、やはり実績のあるシステムを導入したい、と思うはずです。では、実際にEFOとはどのようなシステムなのでしょうか。簡単に言うと、『入力フォーム改善』です。入力フォームとは、私達が何らかのサイトやサービスに登録する際、自分の名前や住所、生年月日などを入力する、あの『フォーム』のことです。

なぜでしょう、入力できて、登録できればよいのではないでしょうか。いいえ、そうではありません。皆さんも経験があるかもしれませんが、例えばとあるサイトに自分のアカウントを作成しようとしたとき、何回もエラー表示が出たことがあるかもしれません。しかし、エラー表示が出たとしても、どこが間違っているのか、どのような修正を行えば正式に登録することができるのか、という点が分かりにくい!と思ったことがあるでしょう。そういった入力フォームは、改善しなければ、いわゆる『離脱率』を上げてしまうものとなります。

EFOは使い勝手を向上する

『使い勝手』という言葉は、様々な場面や対象に対して用いられます。私達はあるものを使う時、それらの使い勝手について少なからず考慮して使います。使い勝手が悪いものは、できるだけ使いたくないと思います。それは、いわゆるネットワークの取引上においても同じことが言えます。私達は誰もがスマートフォンやタブレット端末、パソコンなどのインターネットに接続できて、様々なことが行える機器を保有しています。それらの機器は、あくまで私達が利用している、というだけの分には、何ら問題ないかもしれません。しかし、一度『使い勝手』という面で考えてしまうと、非常にそれが悪いケースが沢山あります。私達は一度良い状態に慣れてしまうと、後戻りはできないようになっているのです。

ネットワーク上のサービスが色々ある中で、それらをよりどのように『使い勝手』を向上させていくか、という点は開発者側が悩むところの一つとなっています。あるアプリケーションを利用してもらう上で、どのようにすれば利用者にとって使いやすいものとなるか、そこを考えることとなります。そこで今回取り上げるのが、その使い勝手、という面に直結してくる、『EFO』というシステムです。EFOというシステムを、現在取り入れることによって、どのような利益があるのでしょうか。また、将来的にどのように役立つのでしょうか。現在取り入れる企業が増えてきているEFOですが、それらのメリット等について取り上げます。